2016年9月19日

LINEクリエーターズスタンプ制作

趣味ではじめたラインクリエーターズスタンプの制作です。画像作りも大変ですがLINEの審査ガイドラインも厳しく今までに数回リジェクトされました。
当ブログではスタンプの作り方や審査の受け方など実際の経験をもとに更新していきたいと思っております。

まずラインスタンプに応募するにはLINEが設定するガイドラインがあります。画像、テキスト、モラル、ビジネス・広告・その他、権利・法律の5種類です。この5種類のガイドラインに沿わないものはリジェクトされて再審査を受けなければなりません。
では基本の画像、テキストを詳しく見てみましょう。

画像

ラインでは以下のガイドラインが儲けられてます。

ラインスタンプガイドライン画像

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

1.1スタンプ画像、メイン画像、トークルームタブの画像です。画像のフォーマットはPNG形式で透過です。各種サイズも指定されてますので注意が必要です。自動縮小もありますがサイズは偶数サイズでないとダメです。また解像度72dpi以上、カラーのモードはRGBが推奨されてます。画像は1個1MB以下です。
40種類もの画像をアップしますので透過処理の忘れに注意です。
僕も1回それでリジェクトされました。

1.2単に画像のみで意味のないもの、例えば動物スタンプでゾウ、キリン、シロクマなど、ただの絵のみなどです。

1.3写真はNGです。

1.4視認性の悪いものとあります。スタンプはスマホなどでやりとりされることが多いので、わかりづらいものはNGです。

1.5数字だけとか淡い色のみもNGみたいです。

1.6イメージを図案化マークにしたもの図案化、装飾化された文字や文字れるなどのロゴのみもNGです。

1.7「おはよう」「こんにちは」「さようなら」などなど単純なテキストのみもダメです。

1.8誤字脱字もNG.

1.9スタンプのタイトルや説明文も添付しますがタイトル、説明文と矛盾してるものもダメです。

1.10メイン、タブの画像は40個のスタンプ画像に関連性がないとNGです。

1.11既存のスタンプの複製はもちろんNG。

SPONSERD LINK

テキスト

ラインスタンプガイドラインテキスト

こちらも以下がLINEが設けるガイドラインです。

2.1クリエイター名、スタンプタイトル、説明文、コピーライトはLINEが指定する文字数を超えてはいけません。
また絵文字には対応してません。

2.2誤字もNGです。

2.3タイトルや説明文に何月何日発売や何々で検索など告知文が入ってはいけません。

2.4URLも挿入出来ません。

2.5PCの種類や環境(OS)により文字化けがある機種依存文字もNGです。

2.6著しく短いものもダメです。

2.7スタンプの画像とタイトルや説明文が矛盾しているものもNGです。

モラル、ビジネス・広告・その他、権利・法律についてはLINEの公式ページを参考にしてください。

記事下

公開日: